男性化しているから、薄毛になる

薄毛は、女性ホルモンが関係しているようですが、男性みたいに、バリバリ仕事をしたり、男性っぽいことをすると、薄毛になるって聞いたことがあります。

もちろん、加齢などの影響が大きいようですが。

昔の人って、薄毛の女性が少なかったイメージなので、食事とかも影響しているかもしれません。

ネットだと、簡単に調べることができるので、薄毛になる原因について調べてみました。

薄毛になる原因を減らし、育毛にいいことをすればいいのかなって。

老人性脱毛症っていうのがあり、個人差があるようですが、60歳を過ぎると男女を問わず、髪の毛が薄くなってくるようです。

円形脱毛症は、突発的に一部分だけがはげる脱毛症のことで、突然抜け落ち、局所的に薄毛になるようです。原因は解明されていないようで、免疫力が関係しているようで、ストレスとかが影響していると思われます。

薄毛になる原因は、ストレス、ホルモンバランス、遺伝、皮膚の疾患、バランスの悪い食生活や不規則な生活、アルコールやたばこなどなど。

ストレス、食生活や生活などは、簡単に言えば、健康的な生活を心がけることで改善します。

もちろん、仕事でストレスがある方は、改善は難しいと思いますが。

関係のない話ですが、埼玉県立リハビリテーションセンターという病院に行った際、はげている医者が多かったです。

その病院で働いている方に話を聞きましたが、ここの病院は、はげている医者の割合が多いと言っていました。

環境も大事かもしれませんね。職場の人がはげている方が多ければ、自分もはげるかもしれないって思い、はげる可能性が高くなるのかなって。

カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク